Sign In

Remember Me

由緒・因縁・家系

動物憑きにしか見えない

動物憑きにしか見えない

965:2017/01/20(金) 16:04:04.56 ID:
うちのことではないんだけど、父の再婚相手の女の家が、江戸時代、代々、神社の神官だったそう。
廃仏毀釈がキッカケで神官でなくなったのか、戦後のどさくさで神官でなくなったのかは知らない。

その再婚女が、とんでもなく性格がひどくて・・・。
金への執着心がハンパない。どれだけ保険金かけまくってるか、わからんほど。
それだけでなく、とんでもない床上手らしくて、愛人になった男は、その女から離れられなくなるのよ。
全財産貢いででも離れたくなくなるみたいで、父と愛人だった開業医で取りあいの喧嘩になったことも。
性格も二面性あって、愛人の前ではいい子さんなこと言うんだけど、見ていないところで「バーカw」って舌出してるの。
父と喧嘩になって本気でキレると、包丁投げるわ、テレビとか家電製品をベランダからの売り投げるわで、すごいヒステリック。
そんな女と一緒になってから、真面目で硬派だった父のが、その女とそっくりな性格・しぐさになってきてます。

はっきりいって、動物憑きにしか見えないんだよね。
私の知り合いの子の家も、かなり有名な神社の神官だったんだけど、やっぱりその子も、愛人みたいな生き方してるんだよね。
床上手で、男が貢いじゃうんだよね。
んで、二面性がある。
なんでも手に入れようとするところがあって、よく周囲から嫌がらせされたりしてる。
やっぱり動物憑きにしか見えなくて、負のオーラが漂ってるんだわ。

なんで、神官の家系の子は、そろいもそろってこんな感じなんだろう?って疑問に思う。
神様を祀ってる間に、知らず知らずのうちに、獣が憑いてしまうんだろうか?
続きはこちら »
水飲んでないと落ち着かない

水飲んでないと落ち着かない

762:2016/11/30(水) 04:52:57.42 ID:

うちは母方女系家族。父親は早くに亡くなった。
母親5人姉妹の中で苗字を継いだのは母親(父親が婿)だが母親も5年前に亡くなった。
結局、苗字を継いだのがうちの姉(出もどり)

そして祖母がお清め手(てかざし)をやっていた。
1番上の叔母にはその能力があるんだが人混み酔いとかでできなかった。
その能力なぜか私に。仕事はエステティック。
仕事でももらってげろげろげろげろだし
人混みだめで電車バスは水飲んでないと落ち着かないし
出かけたら熱出すし。
普段から水ガブ飲みだし(つねにガブ飲み)

なによりおでこにツノの後だかこれから生えてくるだかあるし。
目はギョロッとです。
腕から背中広範囲に痣があるし。
雨雲引き連れるほど雨女だし
ヒゲのところが最近かゆい。出てきそうなw
これは龍女?

お客様からもらう邪気でさいきんやられっぱなしです。

龍だったり
龍神召喚できたらいいのに。
続きはこちら »
Tags:
女の怨みを買う家系

女の怨みを買う家系

392:2016/08/02(火) 01:26:57.64 ID:
昔姉がよく当たると評判の店で占って貰ったら先祖が女を刀で切りまくって何人も○してたから女の怨みを買う家系との事。
それが原因なのか父母は胃潰瘍の手術でお腹を切ったし姉が二人居て片方の姉に俺が小学生の頃ハサミで顔面に縫い跡が一生消えない傷を付けたらしいし
もう片方の姉も子宮がんの手術の一度目に子宮を部分切除(二度目に摘出、10年前にも流産)、この姉は旦那がJKと援交してそれが姉にバレてそれが許せないらしく離婚。
俺も小さい頃金網から落ちて額が避け何針か縫う怪我、若い頃17年好きだった好きなグラドルでオ◯ホオ◯ニーしてる最中に刺激が強すぎてイッた瞬間脳血管が破裂して脳出血。
とにかく女に関わる事で運気を落とすのが家の家系らしい。
続きはこちら »
氏神神社の神木を切ったら、不幸が連鎖した

氏神神社の神木を切ったら、不幸が連鎖した

697:2016/08/13(土) 21:28:50.07 ID:
神社のことでさっきまさに聞いたこと。
ここで良いと思うんですけど板違いならすみません。長い上に誰かに話したくてまとまりないのでうざい人はスルーしてください。
今日の夕飯時に某番組で宗教特集みたいなのをやってて、そこでふと父親に「うちの氏神様はどこなの」と聞いたとことから始まりました。

父「○○神社だろ。××区の」
私「△△神社じゃないの?」

××区とは私が三歳ぐらいまで住んでいた父の生家があった場所です。その生家も老朽化が進み数年前に業者に解体してもらったのですが。
私は神社などには詳しくないので氏神様というのは現在地から考えるものだと思っていたんです。徒歩数分もない場所にある△△神社がそうなのかと思ってました。(この最寄りの神社の名前というのも最近ぽけごーで知ったのですが)
うちの氏神様がどこかという話については結論は出なかったのですが、父がそういえば、という風に話し始めたんです。

父「何年か前に○○神社にあったでっかい杉の木を区で決めて切ったんだよ。あれからだ。集落で不幸が立て続けにおきたのは」
続きはこちら »

村の掟と餅つき

41:2016/02/25(木) 01:57:09.17 ID:
長いかもしれんので分けます

うちの田舎のおばあさんに子供のころ聞いた話

S県の県庁所在地の山のある方におばあさんの実家があるんだが、室町時代か戦国時代の頃にその付近を治めていた
殿様がいたそうだ。ある時、秋の終わりごろに他国との境界に戦さに出ることになり、
村の領民に殿様は

「 今度の戦は長くなりそうだ。正月前に帰ってこれるか分からない。もし、わが軍が正月過ぎて帰ってこれない場合、
正月の餅つきはしてはならん。帰国するまで餅つきと餅を食べる事は禁止。」とお触れを出してから出陣したそうだ。

だが、結局 お殿様の軍勢はお正月を過ぎても帰国する事はなく、正月も10日ほど過ぎてしまった。
村の領民の一部は殿様の帰国を待つことができず、餅つきを始め食べてしまいだした。
ようやく15日になって殿様の軍勢が帰国した。だが、お殿様は合戦で討ち死してしまいお殿様自身は生きて
帰国はできなかった。
続きはこちら »

短命家系の寿命が伸びた

387:2015/10/10(土) 21:00:21.53 ID:
うちの夫の職場に代々男の子だけが短命で60歳を待たずに亡くなると言う家系がいて、
ずっとなので結婚も出産もとにかく早くて何て言うかサイクルが早い人がいた。
実は私も夫とは職場結婚なのでその人を若い頃に知っている。交際を申し込まれたが
短命の噂ゆえ(他にも理由はあったが)最初にお断りした経緯がある。
その後たまたま転勤になりその人はいなくなって数年後に本社に帰ったが夫と結婚
した後だったから私は退職したのでその後会っていない。

で、今はその人は夫と同い年なので定年を過ぎてる筈なのにピンピンしている。
夫に聞くと数年前に火事がありその人は身体を張って近所の人を助けたと言う。
そのせいで寿命が伸びたのかどうかはわからない。
ただ、親類、近所の人は凄い事だと皆驚いている、らしい。
聞く所に寄ると武士の家系で昔、たくさん人を斬ってるらしい。家柄も財産もあるが。
続きはこちら »

祖父が亡くなって以来、何度か不思議な体験をした

207:2015/10/03(土) 18:14:08.83 ID:
このスレであってるか自信がないけど書かせてくれ

数年前一緒に暮らしてた母方の祖父が亡くなって以来、何度か不思議な体験をした
最初の体験は祖父の49日を迎える前に見た夢
祖父が亡くなる前から鬱と情緒不安定で、何度も自○未遂を繰り返したりしてたが、死んでもおかしくない事をしても氏ねない事が多々あった
そんな頃に祖父が夢に出てきた
続きはこちら »

神社に告げ口

408:2015/09/14(月) 21:30:45.17 ID:
神社に告げ口と言えば、某○○○会が神社の名前を利用していた事があった
「○○神社の裏からきました~」
みたいな、消防署の方から来ました詐欺みたいなやり口
地元の人間なら誰でも知ってる神社の名前を使うから性質が悪い
玄関先でわざわざ神社の名前を騙る理由を言え、二度と使うなと怒鳴って追い返した
数日後その神社にご報告に行ったら、その日の夜からいや~な感じの悪夢にうなされる様になった
夢の中でこれは夢なんだから覚めなきゃ、夢から覚めなきゃってもがいているような
半分起きてるけど動けないような、何とも嫌な夢だった
あまりにも頻繁に見るので、寝ても疲れが取れなくてすっかり参ってしまった
親に頼んで田舎の実家近くの小さな神社のお札を送ってもらって枕元に置いてからは見なくなった
○○神社の神様の気に障ったのか、それとももう挿げ替えられてしまってるのか判らないけど
ちょっともう○○神社には行きたくない感じ
続きはこちら »

華やかな笹柄の古い振り袖

159:2015/09/07(月) 10:30:59.41 ID:
アンティークのお話でましたが私は古いものなんでも好きで色々集めましたが
以前京都に行った時あるお店で見つけた古い振り袖、お値段が結構したので躊躇しつつ
でもどうしても欲しくて次の日再び行ってとうとう買ってしまいました
極彩色の華やかな笹の柄、サイズは小さくて13、4歳用、時代は明治大正かなというもので
土地柄舞妓さんが身につけてたものかな~とか楽しく想像してました

家に帰って和室にインテリアとして飾っていましたが
なぜかうちの猫がその着物の下から見上げながら激しくなくのです
普段とても無口な猫なのに
ところがそれからひと月の間にまさに我が家に嵐が吹き荒れました
たまたま泊まりにきていた姑がその部屋で脳梗塞で倒れる
子供が離婚、親代わりのおばの死
それぞれに以前から原因の布石はあったとしても
ひと月に凝集された事が不思議でした
着物はお寺に収めました

知り合いの呉服屋さんにこの話をすると
着物は女の念が移りやすいから~ということで次の話をしてくれました
あるお客さんが古着屋で見つけた作家ものの手描き友禅の訪問着、観音様の図柄だったそうで
えらく気に入って床の間にかけていると連日夜中にめがさめて
ふと床の間を見ると着物の横に白い影が立っている
このお客さんがその後どうしたか、着物がどうなったかはわかりません
そもそも観音様の柄からして普通に着用できないものだろうし
私の考えでは着物通の女性が死に装束としてあつらえた特別なものではと
しかし高額なものだったので遺族がお棺に入れず転売したのでは…と

着物つながりで長文失礼しました
続きはこちら »

祖母と同居しはじめた頃から、激しい頭痛と嘔吐を繰り返すようになった

477:03/10/09 12:39 ID:
俺が小学生の頃の話です。

小学3年の頃、祖父が亡くなり祖母と同居することになった。
その頃から俺は3日に一回は激しい頭痛と嘔吐を繰り返すようになった。
医者に行っても原因が分からなかったが祖母が何かを唱えると不思議とよくなった。
そんな状況が半年ぐらい続いた頃、父が知り合いのお坊さんに頼んでお払いをしてもらうことになった。
家族は皆お払いを受けることに賛成していたがなぜか祖母だけは反対した。
お払いを受けるとその日から驚くほど体が軽くなり以前のように過ごすことができるようになった。
ただお払いを受けたあと祖母が小さな声で「畜生、もう少しだったのに」と言ったのが耳から離れない・・



続きはこちら »